京都で生まれ京都で育った唯一の焼き物「楽焼」のネット専門店です

headmigilogo.gif

menu_top.gif menu_annai.gif menu_cart.gif menu_login.gif menu_toiawase.gif menu_sitemap.gif

赤楽茶碗 焼成について

今回焼かれるのは、赤楽茶碗の松楽作です。

100708-1.jpg

上の写真が、素焼きされ炭によって、黒い斑(ふ)が焼き付けられた状態です。

これに白い釉薬が専用の筆で丁寧に塗られます。

100708-2.jpg

そして乾燥させたのが上の写真です。

これを専用の窯で800℃~850℃の低温で30分〜1時間

窯の中で酸化作用により焼かれます。

100708-3.jpg

窯から出された直後の写真です。

高熱を帯びた茶碗がキンッ、キンッと音を鳴らしています。

白く塗られていた茶碗が真っ赤になっています。めちゃめちゃ熱いです。

白い釉薬の塗り具合、焼かれた時の溶け具合により

透明な艶っぽい部分と白っぽい部分と変わってきます。

100708-8.jpg

楽焼の特徴として、他の陶器のように窯の中で冷めるのを待つのではなく

高温の状態のまま出され、一気に冷やされます。

これにより楽焼独特の温もり感、味わいがでます。

少し冷めると不思議なことに、写真左の茶碗のような焦げ茶色になってきます。

なぜ不思議かって?あせらないあせらない

100708-4.jpg

そして、頃あいを見てバケツの水で一気に冷やされます。

この写真ではわかりにくいかもしれませんが、すごい蒸気が出ます。

横にいたら、汗が一気に噴き出てくる感じです。

100708-5.jpg

頃あいを見てと書きましたが、その冷やすタイミングによって

上の写真のような貫入(白い細かい線のこと)の雰囲気が変わってくるんです。

早すぎたら細かく、遅すぎたら粗くなり過ぎるので微妙なタイミングが要求されます。

窯のある部屋の温度によっても、冷め方は違うので時間を計るとかでは無理。

そのタイミングはどうやって判断するの?という質問に

 

父は「音と感覚かな」

 

窯から出された時に茶碗から出るキンッ、キンッという音が、微妙に変わってくるのを聞いて

判断するそうです。さすが、職人さん!すげぇ

僕には全く違いがわかりませんでした(笑)

100708-6.jpg

完全に冷えたらこんな感じの鮮やかな色になります。

窯から出してすぐは熱で真っ赤。少し冷めると焦げ茶色のようになり

完全に冷めるとまた鮮やかな赤色に戻ってるんです!!

不思議じゃないですか?

さらに、水分を含むとまた違った生き返るような赤色になります。

100708-7.jpg

焼かれる前と焼かれた後では、こんな感じです。

(黒い斑(ふ)の部分は、茶碗一つ一つで違います)

どうでしょう?おもしろくないですか?

個人的には、黒茶碗のほうが好きやったんですが、赤楽もやっぱいい感じです!

 

今回も面白い発見、興味深い話を聞け本当に楽しかったです。

本当に昭楽窯の皆さんに大感謝です!

 topkuro.jpg

 赤楽茶碗 商品一覧へ

 京都 奈良屋 

075-874-7342

電話受付 10時~ 18時まで

定休日 毎週月曜日

kyoto@naraya.info

あんしんクレジットカード決済システム

2013年4月

  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

tai.jpg 

店主 中野 大士

京都生まれの32歳です。

父が昭楽窯に勤めており、

楽焼と共に育ち、その縁あ

ってお店をさせて頂くことに

なりました。敷居の高くみえ

る「お茶」「焼物」の世界を

このお店を通して

たくさんの方に身近に感じて

頂けたら幸いです。

店主 プロフィール

店主 ブログはこちら

リンクについて  

  

souryou1.gif

 

月刊お買上げランキング
ranking11_1.gif
kuro-kamuro-1.jpgのサムネール画像

   長次郎 禿(かむろ) 写し
価格 29000円

千利休が最も愛したと
言われている茶碗の写しです

ranking11_2.gif

黒楽茶碗 幕釉 昭楽作
価格 20000円

世界に同じものはなし!
職人技の一品

ranking11_3.gif

aka syou maku 1.jpgのサムネール画像

 赤楽茶碗 幕釉 昭楽作
価格 15000円


鮮やかな赤に黒い斑の入った
味わい深い一品