京都で生まれ京都で育った唯一の焼き物「楽焼」のネット専門店です

headmigilogo.gif

menu_top.gif menu_annai.gif menu_cart.gif menu_login.gif menu_toiawase.gif menu_sitemap.gif

黒楽茶碗 一覧

itiraku2.gif kurorakurogo2.gif

黒楽茶碗幕釉 極上 昭楽作
¥60,000
(税込)
長次郎 禿 写し 昭楽作
¥29,000
(税込)
長次郎 次郎坊 写し 昭楽作
¥26,000
(税込)
長次郎 俊寛 昭楽作
¥26,000
(税込)
長次郎 五月雨 写し 昭楽作
¥26,000
(税込)
道入 青山 写し 昭楽作
¥23,000
(税込)
一入 曙 写し 昭楽作
¥23,000
(税込)
一入 朝賀 写し 昭楽作
¥23,000
(税込)
光悦 雨雲 写し 昭楽作
¥22,000
(税込)
光悦 不二山 写し 昭楽作
¥22,000
(税込)
黒楽茶碗 手捻り 昭楽作
¥23,000
(税込)

黒楽茶碗 幕釉 昭楽作
¥20,000(税込)

 

黒楽茶碗 富士の絵 昭楽作
¥20,000(税込)
黒楽茶碗 松楽作
¥8,800(税込)
黒楽茶碗 松楽作
¥8,000(税込)

 

この他、帰来窯、昭楽窯の作品に関しては、

ほぼ取り扱っておりますので、何かご希望の作品があれば

お気軽にお問合せくださいませ

 

 

黒楽茶碗の特徴は、深い黒色にあると思います。

楽焼を考案した千利休は、黒色に特別な思いを持っていました。

黒はすべての色の始まりであり、その終わりでもあります。

黒はすべての色相をそのうちに含んでいる。

黒茶碗が抹茶の緑を一層引き立たせるのもそのためです。

 

黒楽は、専用の窯で1200℃~1300℃で7,8分という

短時間、窯の中で還元作用により焼かれます。

わずかな時間で焼くことにより、このなんともいえない

存在感が表現されています。

 

楽焼は、一気に焼かれすぐ冷やされる(急温急冷ので

芯までは完全に火が通らず、表面の釉薬のみが溶けます。

土の内部に空洞ができ、熱が逃げにくくなり

他の陶器に比べ保温性に優れ、手に持ったときに

なんともいえない温もりと味わいを感じさせてくれます。

軽く叩いてやると、他の陶器にはない

心地よい、柔かい音が鳴ります。

 

楽焼の茶碗は、焼きあがった時は未完成で

緑の抹茶を入れて始めて完成するように作られています。

 

楽焼茶碗とは、目で見たり、触れたりしても楽しめますが、

やはり、お茶を美味しく見せる為のものなんです。

 

是非、いまだ未完成の器たちでお抹茶を点て

お家で完成させてみて下さい!

100523-2.jpg

 黒楽茶碗 もっと詳しく!!

 京都 奈良屋 

075-874-7342

電話受付 10時~ 18時まで

定休日 毎週月曜日

kyoto@naraya.info

あんしんクレジットカード決済システム

2013年4月

  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

tai.jpg 

店主 中野 大士

京都生まれの32歳です。

父が昭楽窯に勤めており、

楽焼と共に育ち、その縁あ

ってお店をさせて頂くことに

なりました。敷居の高くみえ

る「お茶」「焼物」の世界を

このお店を通して

たくさんの方に身近に感じて

頂けたら幸いです。

店主 プロフィール

店主 ブログはこちら

リンクについて  

  

souryou1.gif

 

月刊お買上げランキング
ranking11_1.gif
kuro-kamuro-1.jpgのサムネール画像

   長次郎 禿(かむろ) 写し
価格 29000円

千利休が最も愛したと
言われている茶碗の写しです

ranking11_2.gif

黒楽茶碗 幕釉 昭楽作
価格 20000円

世界に同じものはなし!
職人技の一品

ranking11_3.gif

aka syou maku 1.jpgのサムネール画像

 赤楽茶碗 幕釉 昭楽作
価格 15000円


鮮やかな赤に黒い斑の入った
味わい深い一品